うちのルグリ

2012年5月31日、我が家にチョコレート色のラブラドールの男の子がやって来ました。 待ちこがれていた犬との生活、遂に解禁です。 お母さんと旦那さん、私、そしてちびっ子レトリバーの生活、はじまりはじまり〜!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぼっちゃま夜中に大騒ぎ

最近急に涼しくなって、8月にしてすでに秋の気分を味わいました。
嬉しくなって鍋、食べました。なんて単純…

夏の楽しみと言えばひたすらに川遊び。
ルグリと川遊び以外に楽しみを見出していない私たちにとっては、夏はただひたすらにきついのです。
仕事に行くのにも暑くて体力を奪われる。
エアコンフル稼動で電気代がおろそしいことになる。
唯一楽しみは果物くらいかなぁ。

びっくりするくらいスイカにはまった今年の夏。
ボスちゃんが仕事が忙しくてルグリと2人暮らし状態だったため、夕ご飯はそこそこにスイカに夢中。 毎日スイカを買って来て、朝晩ほぼスイカで生きてました。 ハマるとしつこいのです、私…
もちろんルグリもお供してました…!




そんな夏のある日、夜中に3人で散歩へでました。
よくあるのですが、夜中にちょっとコンビニ、とかアイス買いにとかついでにルグリをつれて散歩にいきます。
その日もいつものようにフラフラと歩き回り、さあ家に帰ろうと家まで500メートルくらいのところの橋に来たときでした。


クンクンと匂いを嗅いでいたはずのルグリが急に叫びはじめまして。

もう、聞いたことのない悲鳴でした。
何が起きたか全くわからない私たちはパニックに。
すごい大声で叫ぶルグリ…!



よく見ると排水口のような穴に後ろ足が引っかかってる様子。
後ろの左脚がハマっていて…

完全にやってしまったと思いました。
排水口を、ふさいでいるはずの金属が途中で途切れていて足が引っかかってる…!
ヤバイ、ささってるかもしれない…

足をそこからはずして様子を見てみても暗くてよくわからない。
あばれて地面に足をついても菌がはいったら困る…

ボスちゃんと2人、ルグリを抱っこして家に帰ろう。

でも、ぼっちゃま、33キロ。
ひょいっと持ち上げてスタスタ歩ける大きさではありません。
そこで、騎馬戦作戦開始!
私とボスちゃんが向かい合って手を組んで、その上にルグリを乗せる形で家を目指しました。

途中、大騒ぎを聞きつけた近所のおばちゃんが飛び出してきて
おばちゃん『台車貸してあげようか?』と言ってくださいました。
でも、ぼっちゃま、台車とかカートとか乗れないのです。 びっくりして飛び出すので危険…

お礼だけ言って、家を目指す。

でももう手の感覚が無くなり。
ドキドキが止まらない。

ルグリはおとなしくされるがまま。

帰ってすぐに車で夜間救急に運ばなくては。

もう、頭の中はぐちゃぐちゃでした。

なんでこんなことに。


足はどうなってるだろう。


入院してしまうのだろうか。


なんで…






でも、途中からなんだかおかしいと思ってました。



排水口から足をはずしたらすぐに痛いはずの足をついたんです。
でもいや、そんなはずない。
すごい叫んでたし、痛すぎて麻痺してるのかも。(そんなはずないけど)
途中1度地面に降ろした時もなんだか元気そうにヘラヘラしてる。(いやそんなはずない…)

とにかくどうにか家に着いて、バケツにお湯をためて足を洗ってみる。
服に少し血がついてたものの、特に嫌がらない。


おや?



でも菌が入ってるかも。
何かささってるかも。
とにかく病院に行かなきゃ!


なぜかヘラヘラしているルグリを車に乗せて病院へ。


夜中なので夜間救急へ。



待っていてくれた先生に見てもらう。




先生『……こっちの足であってる?よね?』
ボスちゃん『…はい。あれ?逆なわけないよね…』


おやおや。
おい、ルグリよ…


要するに、なんともなかったんです、これが。
わずかに擦り傷があるかなー?
これかなー?
程度でして。
必死でそれらしき傷をみつける2人…



何度も隅々まで足の裏を見る先生とボスちゃん。

何も見つからず。








丁寧に先生にお礼を言って。
たかーい高い夜間診察料を払い。
念のための消毒液をもらい。


ヘラヘラと帰宅したのでした。



すべてはあの悲鳴からただ事じゃない!とはじまったんです。


ルグリ『イヤーーーーー! ぼくちゃん、足
、ガブされてます! ぎゃーーーー、ギャンギャンギャン、いーーーたーーいー!!、 終わった、おわったです、イヤー! ガブされたのーーー!』

みたいな?

多分、溝にぐっと足がはまり、肉球の間にズボッと金属の棒がはまってたんだとおもいます。 足をパーにしたような形かな?
刺さったとかではなく、水かき部分にはまったのかな…

要するにびっくりしたのね、多分。
はまっただけなんだと思う。
そんなに痛くなかったんじゃないかなぁ…









ル『あし、ガブされたー』


まあ、何はともあれなんともなくて本当によかったです。
夜中にお騒がせしました。近所のみなさま…



未だ、腕が痛いです。
ボスちゃんは腰をやられてます。


でも、ぼっちゃまが無事で本当によかった。



秋になったらルグリと健康祈願でも行こうと思いました。


そんな大騒ぎぼっちゃまに応援のワンクリックお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014/08/31(日) 16:37:03|
  2. 2歳〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ルグリの夏休み2014 | ホーム | 夏の日の思い出 お祭り編>>

コメント

エレママ

大事にならず良かったぁ。
でもきっと本人も何が起きたか分からず、ビックリしたんでしょうね。
お大事にしてください。
あっ、パパさんもママさんも腰&腕お大事にぃ(笑)
(腰は結構ツラいですよね。日々のチビの抱っこで私もやられてます汗)
  1. 2014/09/03(水) 02:35:27 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

エレママさま☆

コメントいただいていたのに、遅いお返事でごめんなさい!
ほんと、なんともなくてよかったです〜(*_*)
びっくりしました… 結局、しばらく腰が痛かったり腕が筋肉痛だったりでグダグダでしたが、ぼっちゃまが怪我することに比べたらぜんぜんマシですね!
でも、ほんと腰は痛めると大変ですよね。 チビちゃんの抱っこ大変ですね、お大事にです!
  1. 2014/09/15(月) 23:25:39 |
  2. URL |
  3. ルグリママ #57/sxb6I
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chocolegris.blog.fc2.com/tb.php/63-96ff8414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。